どこの引っ越し会社で見積もりをするか決めたら、訪問見積もりで家に来てもらい荷物の量などから正確な金額を計算してもらいます。

ネットや電話だけの見積もりもあるのですが、実際の状況や荷物の量が違うなどのトラブルが起ることもあるので、出来るだけ訪問見積もりをしてもらいましょう。

この訪問見積もりで出た価格が、最終的に引っ越し会社に支払う金額になります。

ちなみに訪問見積もり無しだと、事前の話と現場の状況が違うなどの理由から追加料金を請求される場合もあります。

訪問見積もりのときに注意したいこと

訪問見積もりに来た引っ越し業者の営業スタッフ

 引っ越しの訪問見積もりで大事なこと

見積もりを受ける前に考えておきたいのが荷物の選別です。

引っ越しは荷物の種類や量によって、準備されるトラックの大きさや作業員の数が違います。

荷物が少なければ見積もり金額が安く、多ければ高くなるのはその為です。

ですから必要なモノと不要なモノを、頭の中で分けておく必要があります。

もうひとつ正確に把握しておかないといけないのが、引っ越し先の環境や間取りです。

新居の住所だけでなく、物件の種類「戸建て・集合住宅(アパート・マンション)」、建物の大きさ「何階建の何階か」、エレベーターの有無、引っ越しのトラックを停める場所の有無「敷地内に横付け可能か」、周辺道路の道幅「大型トラックが通れるか」などを聞かれます。

間取りは、一般的な間取りなら問題ないのですが、特殊な作りや特殊な荷物がある場合は、そのことを伝えておく必要があります。



訪問見積もりでは正確な情報を伝えよう

訪問見積もりのポイントは、正確な情報を伝えることです。

できるだけ正確な情報と曖昧な情報では、見積もり内容も変わってきます。

見積もりに来る営業スタッフは、荷物の種類や量だけじゃなくそう言った情報も考慮しています。

曖昧な内容しか分からなければ、引っ越し当日にスムーズに運べない可能性が出てきます。

そうなると念の為に、時間や人員に余裕を持たせるなどの対処が必要になり、通常より高めの見積りとなってしまうのです。

見積もりで引っ越し業者を決定するポイント

訪問見積もりを受けると、相手が引っ越しのプロの営業マンなので、その場の雰囲気に流されそうになります。

最終的には「いま決めてくれれば、○○円安くします!」と言ったような文句で即決を促されます。

※サービスの良い業者では、即決を見込んで必要なダンボールやガムテープを予め用意しており、別の日に配達する時間と手間を省くなどの対策で見積もり額を安くしているそうです。

自分で納得して決めたのなら良いのですが、相場が分からなかったり希望の金額とは違うなどの理由があれば、即答はせず冷静になって考えましょう。

引っ越しは料金が安さだけじゃなく、作業の丁寧さなども含めて総合的に判断する必要があります。

全体的な引っ越しの流れや荷物の保証など大事なこともあるので、明らかに安すぎるのは、人員不足など何か理由がある可能性も頭に入れておきましょう。

 


引っ越しで損してませんか?

引っ越しで損しない為には、複数社の見積もりが基本となります。

これは引っ越し業者の料金設定やサービス内容がそれぞれで異なっている為です。

つまり一社の見積もりだけで契約すれば、知らない間に損をしている可能性もあるワケです。

いくつかの業者を比較しただけで半額になったという驚きのケースもありますからね。

それを知らなかったではモッタイナイですよ。

それと参加企業が多い見積もりサービスのほうが競争原理で価格交渉に有利です。

参考までに下記サービスは中小から大手まで幅広く引っ越し業者が比較できます。

※ちなみに、ここなら電話番号が任意(つまり入力不要)なので、電話営業が苦手な人でも安心して利用可能なのです。