アパートやマンションなどの賃貸契約の形態にフリーレントと呼ばれるものがあります。

フリーレント物件を紹介する女性

フリーレント物件とは?

フリーレント物件というのは、一定期間の家賃が無料になる物件のことを言います。

一般的に家賃1ヶ月~3ヶ月分が無料になる場合が多いです。

敷金ゼロ礼金ゼロ物件よりもまだまだ物件戸数が少ないので認知度が低いのが現状です。

しかし最近では、UR賃貸住宅でもフリーレント物件を扱っているので、今後は認知度と共に物件数も増えていく事でしょう。

物件の賃貸情報には「フリーレント1ヶ月」などと表記されます。

貸主がフリーレント(家賃無料)にする理由

貸主がフリーレント契約にするのには、ちゃんと理由があります。

まず管理会社や大家などの貸主は、家賃収入が無くなる空室期間をなるべく減らしたいと考えます。

しかし人気のある物件ならすぐに入居者が見つかるのですが、築年数が古いなど条件が悪い物件では、なかなか見つからないこともあります。

そんな時は相場より家賃を下げれば入居者が決まりやすいのですが、集合住宅の場合は他の住人との兼ね合いもあり簡単に家賃を下げるワケにはいかないのです。

もしも他の部屋の家賃まで下げることになれば、家賃収入がが大きく下がってしまいますからね。

そこで一定期間フリーレントにすることで、家賃を下げることなく短期間で空室が埋まるようにするのです。

ですから結果的に大家と入居者の両方にメリットがあるのです。

フリーレントのメリットとデメリット

フリーレントの最大のメリットは、引っ越しの初期費用を抑えられることです。

なので初期費用を抑えたい人には嬉しい物件と言えます。

ちなみに一般的な賃貸契約では次のような初期費用が必要になります。

  • 家賃
  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 保障会社に払うお金
  • 管理費(共益費)

通常契約ではこれらを全て支払う必要があり、合計金額は家賃の約5ヶ月~6ヶ月程度となります。

しかしフリーレント物件なら家賃が一定期間無料です。

ですからその家賃分が初期費用から減らせると言うわけです。

ただし管理費や共益費は必要なので家賃とは分けて考えて下さい。

そしてフリーレント契約のデメリットは違約金があることです。

契約で決められた期間内に退去する場合は違約金が発生します。

これは携帯電話やインターネット回線の契約と似ている契約条件ですね。

フリーレント物件を契約するときの注意事項

引っ越し初期費用を抑えたい人にはメリットの大きいフリーレント物件ですが、契約前に契約内容をきちんと確認しましょう。

家賃の支払い月

フリーレントの場合は、何月から支払うかなどが分かり難いことがあります。

いつから支払うのか支払い初めの月を確認しておきましょう。

確認不足で支払いを忘れた場合は家賃滞納となってしまいます。

契約期間の確認

契約期間内に退去すると違約金が生じることがあります。

いつまでの契約になっているのかを確認しておきましょう。

違約金の確認

契約期間内に退去する可能性がある場合は、違約金の額を確認しておきましょう。

一般的には家賃1ヶ月分を支払う契約となっていることが多いのですが、物件によっては残り契約期間の家賃総額といったケースもあります。

急な事情などで退去することも考えられるので、確認しておいた方が良いでしょう。

 


引っ越しで損してませんか?

引っ越しで損しない為には、複数社の見積もりが基本となります。

これは引っ越し業者の料金設定やサービス内容がそれぞれで異なっている為です。

つまり一社の見積もりだけで契約すれば、知らない間に損をしている可能性もあるワケです。

いくつかの業者を比較しただけで半額になったという驚きのケースもありますからね。

それを知らなかったではモッタイナイですよ。

それと参加企業が多い見積もりサービスのほうが競争原理で価格交渉に有利です。

参考までに下記サービスは中小から大手まで幅広く引っ越し業者が比較できます。

※ちなみに、ここなら電話番号が任意(つまり入力不要)なので、電話営業が苦手な人でも安心して利用可能なのです。