引っ越しには「お金がかかる」といったイメージがありますよね。

でも、それもやり方次第で節約が可能なのです。

知ってると得する「引っ越し裏ワザ」あなたはいくつ知っていますか?

引っ越し裏ワザ「まる得テクニック」のイメージ

裏ワザ活用でお得に引っ越し

引っ越しの裏ワザと言っても、何か特別なことをする必要はありません。

ほんの少しの手間をかけるだけで、手軽に出来るので試してみる価値アリですよ。

引っ越し料金を安くするテクニック

引っ越し料金は、同じ条件で見積もりしても引っ越し業者によって金額が違います。

各社ごとにサービス内容などが違うので当たり前なのですが、同じ条件の見積もりで似たようなサービス内容だったら、断然安い方が良いですよね!

1:相見積もりをする

1社だけの引っ越しの見積もりでは、その金額が安いのか高いのかの判断が難しいです。

ですから相場を把握する為に相見積もりが必要なのです。

各社の見積もり金額を比べて選択することが、引っ越し料金を安くする基本的なポイントになります。

相見積もりで便利なのは、引っ越し見積もりの一括申込サイトです。

一度の入力で複数業者から見積もりが取れるので便利ですし、大手から地元業者まで様々なタイプでの比較検討できます。

見積もりが無料というのも当たり前ながら嬉しいです。

1社だけの見積もりはモッタイナイ。
幾つか引っ越し業者で相見積もりをして一番安いところを選べば、確実に引っ越し料金が安くできます。
他にも見積もり依頼をしていると伝えれば、更に引っ越し料金が安くなることもあります。値段交渉の材料になるので必ず伝えて下さい。

引っ越し相見積もりとは?マナーやルールに違反なの?

2:平日に引っ越しをする

引っ越しが多い曜日は「金・土・日」の週末と祝日や連休です。

そして月初めや月末も混み合います。

忙しいときは作業スタッフが多く必要ですし、トラックを増便する必要があります。

更に繁忙期ならお客は次から次へと訪れますので、引っ越し業者は他社との値引き競争でお客を獲得しなくても大丈夫なのです。

引っ越し繁忙期の2~4月までの引っ越し料金が通常よりも高いのは、こういった理由があるからです。

その点から通常期や閑散期で、かつ引っ越しが少ない平日は、引っ越し業者も値引きをしやすいというワケです。

狙い目は「月の中旬」の平日で、需要が少ないので値引き交渉がしやすいです。
また仏滅の日も需要的には少ないので、縁起を気にしないのなら交渉してみましょう。

3:引っ越し業者に任せる

引っ越し日までに余裕があるなら、引っ越し業者に「引っ越し日」「引っ越し時間」を任せましょう。

空いている日や午後からの作業などによって、引っ越し料金を安くすることができます。

その他にもトラックの種類などによっても、料金が変わります。

午後からの引っ越しは、午前の引っ越しが終わらないとできません。
その為、引っ越し開始と終了の時間が遅くなることもあります。
こういったことを含めて、料金が安くなることを理解しておきましょう。

4:ポイントを貯めて得をする

引っ越し業者によっては、引っ越し料金でポイントを貯めることができます。

ポイント対象の条件は各引っ越し業者によって違いますが、見積もり時にカードを提示することで行えます。

3つのお得な情報|【引越しは日通】のキャンペーン・お得情報

特典2の「マイル・ポイントが貯まる」に記載されています。

マイル(JAL : MILEAGE BANK / ANA : MILEAGE CLUB)

ポイント(Ponta / 楽天)

特典・キャンペーン|引越しの見積もりは引越しの専業【サカイ引越センター】

サカイ引越センターでは、その都度キャンペーンが異なりますので、公式サイトで確認して下さい。

ポイント(Ponta / 楽天 / waonポイント / nanaco / dポイント)など、その時々による

キャンペーン情報一覧|引っ越し専門の《アリさんマークの引越社》

マイル(JAL : MILEAGE BANK / ANA : MILEAGE CLUB)

ポイント(楽天)

引越らくらくタイムリーサービス(割引サービス)|ヤマトホームコンビニエンス

マイル(JAL : MILEAGE BANK / ANA : MILEAGE CLUB)

ポイント(みずほマイレージクラブ)

みずほマイレージクラブは、引っ越しらくらくタイムリーサービス、建替引越パック、単身引越サービスのいずれかを利用で、みずほマイレージクラブカードでの支払いが条件となります。

マイルは、引っ越しらくらくタイムリーサービス + 全荷造りサービス + 全荷ほどきサービスセットの利用が条件となります。

詳しくは各HPなどで確認してください。

 


引っ越しで損してませんか?

引っ越しで損しない為には、複数社の見積もりが基本となります。

これは引っ越し業者の料金設定やサービス内容がそれぞれで異なっている為です。

つまり一社の見積もりだけで契約すれば、知らない間に損をしている可能性もあるワケです。

いくつかの業者を比較しただけで半額になったという驚きのケースもありますからね。

それを知らなかったではモッタイナイですよ。

それと参加企業が多い見積もりサービスのほうが競争原理で価格交渉に有利です。

参考までに下記サービスは中小から大手まで幅広く引っ越し業者が比較できます。

※ちなみに、ここなら電話番号が任意(つまり入力不要)なので、電話営業が苦手な人でも安心して利用可能なのです。