引っ越しをするなら、1ヶ月くらい前から準備をするというのが一般的です。

しかし、転勤などで急に引っ越しが決まることもありますよね。

転勤辞令は突然にやってくるイメージ

急な転勤引っ越しが決まったら

急な転勤で引っ越しが決まったら、初めにするのが物件探しです。

ただし、あまり時間的な余裕が無い事が多く、理想の物件に出会えることは少ないです。

ある程度の妥協点を探りつつ物件を探すのがポイントです。

住めば都と言う言葉もありますから、その物件のメリットに重きを置いてみましょう。



希望日に引っ越し出来る業者を探す方法

次に大切なのが、希望日に引っ越しできる業者を探すことです。

引っ越しは、スケジュールに空きがあれば、申込み当日や翌日でも行えます。

但しこれは引っ越し業者との条件があえばの話です。

3月~4月の引っ越し繁忙期や土日などは、即日引っ越しは難しいでしょう。

スグに引っ越しなら電話で問い合わせ

もしも即日や翌日の希望であれば、面倒でも1社ずつ電話で問い合わせを行ってください。

ポイントは、大手引っ越し業者から問い合わせすることです。

大手引っ越し業者であればスタッフが豊富ですし、沢山のトラックを所有しているので急な引っ越しに対応できる可能性が高いからです。

ファミリーでの引っ越しの場合は、問い合わせ後に訪問見積もりに来てもらって最終的な打ち合わせを行います。

単身なら、電話での見積もりだけでOKなこともあるので、業者の対応に任せましょう。

宅配便での引っ越しも考えよう

引っ越し業者以外にも宅配便を利用する方法があります。

家具だけの配送や、段ボール数箱程度であれば宅配便を利用した方が安く済みます。

赤帽

単身引っ越しや大型家具の配送を行っています。

小回りや時間などの融通がききやすいので、急な引っ越しにも対応できます。

コストを抑えたい人には、特にオススメです。

【料金例】

関東圏(20kmくらいの移動距離)

作業時間2時間以内 ドライバー1名 13,500円~

土日・祝祭日は2割増になります。

赤帽引越し

ヤマトホームコンビニエンス

宅急便でおなじみのクロネコヤマトの引っ越しです。

大型家具・家電配送をする「らくらく家財宅急便」が便利。

引き取りにきてくれ、その場で梱包して配達してくれます。ドアtoドアなので手間もかかりません。

家具や家電の大きさによって、利用できないことがあります。

ヤマトホームコンビニエンスらくらく家財宅急便








引っ越しまで少し余裕がある場合

引っ越しまで少しでも余裕があるなら、一括見積もりがオススメです。

必要事項を入力すれば、簡単に複数社の見積もりをとることができます。

あとは気になる業者に連絡し、訪問見積もりの日にちを決めるだけでOK。

※単身引っ越しの場合は、訪問見積もりが必要ない業者もあります。

空いた時間で荷造りも行えるし、一括見積もりを行うことで引っ越し料金も安くなるのでオススメです。

引っ越し一括見積もりサイトの口コミや評判が悪い理由

荷物を一時的に預ける

急な引っ越しでは、引っ越し先から新居への荷物を運ぶのに、日にちが合わないことがあります。

通常の引っ越しであれば、引っ越し日を調整すればいいのですが、急な引っ越しではこれが難しいですからね。

そういう場合は、荷物だけを搬出してもらい一時的に預けるという方法がオススメです。

引っ越し荷物一時預かりサービスとトランクルーム比較

引っ越し業者に預ける

引っ越し業者の利用なら、荷物の搬出から保管、新居への搬入とすべてを任せることができます。

アート引越センター

有料オプションになりますがトランクルームサービスがあります。

引っ越し料金に、保管期間の保管料と入庫・出庫にかかる運搬作業費が必要です。

保管日数が短い場合や、保管する荷物量が少ない場合は、追加料金が発生しないことがあります。

日本通運

1ヶ月未満の短期間であれば、輸送モードで日程を調整します。

数ヶ月の長期間であれば、トランクルームでの保管となります。

預ける荷物に適した梱包をしてから、国土交通省認定のトランクルームに保管します。

管理された設備での保管になるので、荷物の出し入れには前もって連絡をする必要があります。

荷物を出し入れする毎に料金が発生するので注意しましょう

トランクルームに預ける

荷物を賃貸型トランクルームに預けるという方法もあります。

キュラーズ

ビル一棟をトランクルームとして運営しています。

全フロアにセキュリティカメラの設置・常駐スタッフの巡回など高いセキュリティが特徴。

大型ロッカータイプ・クローゼットタイプとあり、広さは0.5畳~10畳まで選べる。

初期費用は月額使用料にプラス2,300円のセキュリティカード代のみです。

管理費や事務手数料などは必要ありません。

 


引っ越しで損してませんか?

引っ越しで損しない為には、複数社の見積もりが基本となります。

これは引っ越し業者の料金設定やサービス内容がそれぞれで異なっている為です。

つまり一社の見積もりだけで契約すれば、知らない間に損をしている可能性もあるワケです。

いくつかの業者を比較しただけで半額になったという驚きのケースもありますからね。

それを知らなかったではモッタイナイですよ。

それと参加企業が多い見積もりサービスのほうが競争原理で価格交渉に有利です。

参考までに下記サービスは中小から大手まで幅広く引っ越し業者が比較できます。

※ちなみに、ここなら電話番号が任意(つまり入力不要)なので、電話営業が苦手な人でも安心して利用可能なのです。