引っ越し料金は時期や日時などの条件によって変わります。

ですから引っ越し費用を安く抑えるには「相見積もり」が欠かせません。

引っ越し相見積もりはマナー違反なのか?言い訳をする男性イメージ

引っ越しの相見積もりとは?

相見積もりとは、複数の会社に同じ条件での見積もりを依頼することを言います。

相見積もりで引っ越し料金が安くなる

相見積もりでは引っ越し業者1社で決めるのではなく、何社か見積もりをとって料金やサービスを比較することができます。

この相見積もりを行うことで、引っ越し会社同士の競争が生まれます。

つまり、そうなれば自然と価格競争になるので1社で見積もりをするより、安くなる可能性が髙くてお得なのです。
但し、ネットで相見積もりした金額は、最終的な引っ越し料金ではありません。
実際に家の中の荷物などを見せる「訪問相見積もり」を行って、最終的な引っ越し料金が決まります。

引っ越し訪問見積もりの心構えと業者選びのポイント

簡単に相見積もりをする方法

一番簡単なのはインターネットの一括見積りです。

専用サイトで必要事項を打ち込むだけで、一度に複数の相見積もりができます。

インターネットからなので、好きな時間に見積もりを取ることができるので、忙しい人には特にオススメです。

見積もり相場を比較して安い引っ越し業者を探す方法

相見積もりは「マナー違反」「ルール違反」なの?

相見積もりはルールを無視したマナー違反で失礼になるかもしれない・・・。

そんな疑問を持った人はいませんか?

引っ越し業界で相見積もりはよくあることです。

また相見積もりは引っ越し業界だけではなく、様々なサービスで行われているので決してマナー違反でもルール違反でもありません。

相見積もりをするうえでの注意点

相見積もりでも注意することはあります。

相見積もりしていることを伝える

インターネットでの一括見積もりの場合は、送信した段階で相見積もりをしたことが相手に分かりますが、そのほかの方法では相見積もりをしているか業者はわかりません。

相見積もりを行えば値引き交渉もしやすいので、相手には「相見積もりしている」あるいは「既にその予約をしている」と伝えるようにしましょう。

訪問見積もりは必ず1社ずつ行う

時間が無いからと言って、同じ時間帯に複数の訪問見積もりを行うのはやめましょう。

訪問予約は必ず1社ずつ行ってください。

1社につき1時間位を目安にして、時間をずらして予約すると良いでしょう。

引っ越し会社の中には「一緒でも大丈夫です」と言う業者もありますが、複数にあれこれ言われると説明を聞くだけでも大変なので、肝心の交渉がしにくくなります。

引っ越しに慣れている人ならそれでも良いかもしれませんが、初めての人はなるべく1社ずつ対応しましょう。

料金だけでなく内容も比較する

相見積もりを行った場合は、金額の安さや値引率など「お金」を重視しがちです。

しかし引っ越し料金だけでなく、サービスの内容や保証なども併せて検討しましょう。

  • 家具や家電が破損した場合の保証
  • 建物などに傷をつけた場合の保証
  • トラックの大きさや作業人数
  • 作業時間やサービス内容

金額だけじゃなく、このようなことに注意して業者を決めると良いですよ。

 


引っ越しで損してませんか?

引っ越しで損しない為には、複数社の見積もりが基本となります。

これは引っ越し業者の料金設定やサービス内容がそれぞれで異なっている為です。

つまり一社の見積もりだけで契約すれば、知らない間に損をしている可能性もあるワケです。

いくつかの業者を比較しただけで半額になったという驚きのケースもありますからね。

それを知らなかったではモッタイナイですよ。

それと参加企業が多い見積もりサービスのほうが競争原理で価格交渉に有利です。

参考までに下記サービスは中小から大手まで幅広く引っ越し業者が比較できます。

※ちなみに、ここなら電話番号が任意(つまり入力不要)なので、電話営業が苦手な人でも安心して利用可能なのです。