沢山ある引っ越し業者の中で、どの業者が良いかなんて利用してみなければ分かりませんよね。

引っ越しにはお金も時間もかかりますから、絶対に失敗したくありませんよね。

良い引っ越し業者を見つけるには、依頼する私たちが見極めることが大切なのです。

「弊社の セールスポイントは とにかく真面目に お荷物を運ぶことです」のイメージ

良い引っ越し業者はこうして選べ!

引っ越し料金は安い方が良いですが、料金だけで選ぶのはとても危険です。

安いばかりで信用できない業者も存在するので、後悔しない為には引っ越し内容や保証内容なども忘れずに確認しましょう。

訪問見積もりは業者を選ぶのに最適

インターネットの引っ越し見積もりサイトで、見積もりを請求した後に必ず訪問見積もりを行ってください。

実際に確認しながら行う訪問見積もりは、良い引っ越し業者を選ぶのに必要不可欠です。

引越運送約款を提示しない業者はダメだ

約款(やっかん)とは、沢山の人との契約をする場合に、定型で処理できるように初めから作っておく契約条項のことです。

引っ越しの場合は、標準引越運送約款になります。

簡単に言えば、引っ越しを行うときに依頼主と業者の間にトラブルが起きないように、初めにルールを決めておき、そのルールに従うということとなります。

これは国土交通省が定めており、引っ越し業者は見積もりの際に必ず提示する義務があります。

引越運送約款には、下記のようなことが書かれています。

  • 見積もりは無料
  • 運べない物
  • 内金などは払う必要はない
  • 引っ越し2日前までならキャンセル料はとらない
  • 引っ越しから3ヶ月以内の部屋や家財道具の破損・故障の保証

良い業者なら、必ず引越運送約款の説明を行います。

何の説明も行わない業者の利用はやめましょう。

手付金を要求する業者は相手にするな

引越運送約款でも説明しましたが、内金・手付金を払う必要はありません。

名目が違う予約金・仮契約金と言った物も同じです。

不正に要求してくる業者は、間違いなく悪徳業者と言えます。

前払い自体は違法ではありませんが、通常は引っ越し料金は引っ越し当日の作業が始まる前に支払うことが多いということを憶えておきましょう。

ナンバープレートの色で判別する

一般的に引っ越し業者のトラックのナンバープレートの色は緑地に白い文字か、軽トラックなら黒地に黄色い文字のどちらかです。

プレートが緑なら一般貨物自動車運送事業者用、プレートが黒なら貨物軽自動車運送事業者用となっています。

白や黄色のナンバープレートの場合は、例外を除き無許可の違法営業をしている業者です。

無許可の業者を利用すると、利用した側も違法となり罰せられます。

あまり聞いたことのない業者に依頼するときは、必ずナンバープレートを確認しましょう。

引っ越しシーズンである3/15~4/15のうち15日以内に限って、違法ではない白ナンバーのトラックの利用があります。

この時期は、大変混雑するので臨時の増便として「わ」ナンバーのレンタカーを使うことが許可されているのです。

ただし、国土交通省に事前に申告する必要があり、申請が認められたら許可証が発行されます。

3/15~4/15の間に来た白ナンバーのトラックは、許可証を確認しましょう。

 


引っ越しで損してませんか?

引っ越しで損しない為には、複数社の見積もりが基本となります。

これは引っ越し業者の料金設定やサービス内容がそれぞれで異なっている為です。

つまり一社の見積もりだけで契約すれば、知らない間に損をしている可能性もあるワケです。

いくつかの業者を比較しただけで半額になったという驚きのケースもありますからね。

それを知らなかったではモッタイナイですよ。

それと参加企業が多い見積もりサービスのほうが競争原理で価格交渉に有利です。

参考までに下記サービスは中小から大手まで幅広く引っ越し業者が比較できます。

※ちなみに、ここなら電話番号が任意(つまり入力不要)なので、電話営業が苦手な人でも安心して利用可能なのです。