ベッドは引っ越し荷物の中でも特に大きい家具になります。

マットレスや布団と合わせるとかなりの体積になるので、引っ越し荷物を処理する上で重要なウェイトを占めています。

ベッドの引っ越しに悩む男性

そのベッドは引っ越し?それとも廃棄処分?

引っ越し料金は、荷物量(トラック)と人数(人件費)で大きく変わります。

つまりベッドを持っていくのか、廃棄処分などにするのかで料金が変わってきます。



ベッド引っ越し料金の相場は?

ベッドの引っ越しは、どんな状況で搬出入するかで料金が変わります。

またベッドのみだと高くなりますので、通常の引っ越し荷物もセットで運んだ方が絶対にお得です。

通常の搬出入できる場合(ベッドのみ)

シングル 5,000円~10,000円
セミダブル 8,000円~10,000円
ダブル 10,000円~20,000円

ベッドの解体と組み立ては、引っ越し業者によっては別途料金が必要なこともあります。

そのベッド解体できますか?

ベッドの引っ越しでポイントになるのが「解体(分解)」です。

部屋のドア、玄関のドア、廊下、階段、エレベーターなどトラックへ搬入がスムーズにできない場合は、適当な大きさまで解体して運ぶことになります。

ベッドサイズの目安
  • シングル・・・100cm×200cm
  • セミダブル・・120cm×200cm
  • ダブル・・・・140cm×200cm

形状によって大きさは若干変わりますが、マットレス基準だと大体これくらいです。

事前にベッドが解体できるのか、あるいは解体しないで運べるのかを調べる必要があります。

それと部屋のドア、玄関などのサイズを測ってみましょう。

新居に持って行ったけど、部屋に入らないことも考えられます。

新居でもドアや通路のサイズも測っておくと安心です。

木ネジを使ったものは解体や再組立てできない

木ネジを使うものは、基本的に解体や再組立てが難しいです。

特に、人気のあるIKEA(イケア)の商品は、解体して再組立てが難しいと言われています。

よくある質問 – IKEA

木ネジは解体するとネジ穴が大きくなる為、締め付けが緩くなり元の状態に戻すことができません。

その為、IKEA(イケア)のベッドは、解体や組み立てを行わない業者もいるので注意しましょう。

また解体ができたとしても、保証対象から外れる場合があるので、訪問見積もりの時に詳しく聞いて下さい。

※大手より中小の引っ越し業者の方が柔軟な対応が期待できます。








ベッドが解体できないときは

そのままトラックに乗せることが可能であれば、ベッドを解体しなくても問題ありません。

問題になるのは、どうやってトラックまで運ぶかということです。

特殊車両を使う

ドア、廊下や階段などが障害でトラックに搬入できない時は、クレーン車などの特殊車両を使います。

引っ越し料金に特殊車両の追加料金が必要になります。

特殊車両代の相場は、10,000円~30,000円程度です。

また特殊車両を使う場合は、環境が整っている必要があります。

次のようなケースでは使用できません。

  • クレーン車を止めるスペースがない
  • 建物付近に電線が多数ある

ベッドの処分を検討してみる

解体が難しい場合は、処分を検討するのも一つの方法です。

まだ使えるといっても、ベッドを運ぶのにいくら必要になるかを考えてみましょう。

購入金額より、ベッドの引っ越し料金の方が高くなることもあります。

また荷物が減れば引っ越し料金も安くなるので、その差額でベッドを購入することができるかもしれませんね。



自分でベッドを解体して組み立てる

IKEA(イケア)などの木ネジを使っているベッドの場合は、解体中に壊れるおそれがあり、引っ越し業者に頼んでも解体を行ってくれないことがあります。

その場合は、自分で解体して荷物として運んでもらいましょう。

引っ越し当日までに解体していれば問題なく引っ越しができます。

あとは新居で組み立てるだけでOKです。

自分でベッドを組み立てる場合のポイント

ホームセンターで木ネジの緩みを補修するパテやボンドが売られています。

それを使って穴の補強や補修をしてください。

爪楊枝をネジ穴に入れて補修する方法もありますが、ベッドは強度が必要なので、専用の補修材を使った方が安心です。

ネジ穴が潰れたときは補修材で修理して使うか、似たようなネジで代用しましょう。

IKEA(イケア)の商品なら、スペアパーツがお店にあるので、ネジの型番を調べていけば同じものが手に入ります。

もしも組立てが上手くいかなかったり、使用して壊れたとしても自己責任になります。

保証期間内であっても、解体して組み立てた物は、保証対象外になるので注意しましょう。

 


引っ越しで損してませんか?

引っ越しで損しない為には、複数社の見積もりが基本となります。

これは引っ越し業者の料金設定やサービス内容がそれぞれで異なっている為です。

つまり一社の見積もりだけで契約すれば、知らない間に損をしている可能性もあるワケです。

いくつかの業者を比較しただけで半額になったという驚きのケースもありますからね。

それを知らなかったではモッタイナイですよ。

それと参加企業が多い見積もりサービスのほうが競争原理で価格交渉に有利です。

参考までに下記サービスは中小から大手まで幅広く引っ越し業者が比較できます。

※ちなみに、ここなら電話番号が任意(つまり入力不要)なので、電話営業が苦手な人でも安心して利用可能なのです。